主にゲームプレイ日記 攻略情報とレビューも

【グノーシア】唐突に船の名前と持ち主を知る「狂ってるってこと?」LOOP18【プレイ日記】

2021/05/14

ゲームのネタバレを含みます。ご注意ください。

LOOP1の記事はこちら
【グノーシア】の記事一覧はこちら

1日目 気の毒が過ぎるジョナス

新たなループに入りました。

開幕は沙明のテキトーなセリフからスタート。
グノーシアがアレでアレなので、さっそく話し合いを始めます。

今回も、乗員15人、グノーシア3人、エンジニア・ドクター・守護天使・AC主義者・バグありのフルフル状態。
主人公の役職は「おまかせ」スタートで、初の「AC主義者」となりました。
グノーシア側を勝利に導くため暗躍するダークヒーローポジション、最高です。

初日恒例の名乗り出ろラッシュにより、留守番に沙明とステラ、エンジニアにSQとジョナスとしげみち、ドクターにセツとオトメが名乗りを上げました。

そして早々に嘘がバレるしげみち。

本物のエンジニアはSQかジョナスですね。
しかししげみちがグノーシアとは限らないのが難しいところです。
AC主義者が混じっている可能性はゼロかつ嘘つきが2人いるので、エンジニアに名乗りを上げた誰かがバグである可能性が極めて高いです。

さて、どうしたものか。

そんなこんなであっという間に議論フェーズが終了し、最初の投票フェーズへ。
結果はこうなりました。

しげみちとオトメが3票ずつ集めて決選投票に。
主人公に入っている1票はしげみちのものですね。しげみちは、主人公がセツをかばった時に反論しているのですが、主人公が嫌いだから反発したのか、オトメ派だから敵対し出したのか、どっちなのでしょう。
しげみちとオトメに繋がりがあるかも、ということを頭に入れておいた方が良さそうですね。

決選投票の議論では、オトメがやや分が悪いかな、という印象です。

夕里子はどちらも疑い、ククルシカはどちらもかばっていますね。
最終的に、オトメがコールドスリープすることになりました。

夕里子はしげみちに入れ、ククルシカはオトメに入れたんですね。
今のところはまだ何とも言えません。

その日の夜。

動力室でジョナスのイベントがあるようなので行ってみることにしました。
すると、出会ったのはジョナスではなくジナとSQ。

夜のお散歩中だったみたいです。「せっかくだし、一緒にブラブラしようZE」とお誘いをいただいたので、ジナとSQと一緒に船内を散策することにしました。

いかにも「動力室」な場所までやってきたところで、ジナが「やっぱり、変……だね」と訝しげに呟きます。
何が変なのか尋ねてみると、「内装が妙に古い」と言うジナ。

十分すぎるほど未来的な内装に思えますが、この世界で生きる人々にとっては「何百年も前の船みたいな」感じなんですね。機能は問題ないらしいので、あえてそういうレトロな内装にしているのか、もともと古い船を機能だけアップグレードしたのか、ということなんでしょうか。
というか、機能に問題ないことがわかるということは、ジナはこういうこと(宇宙船関連?)に詳しいんですね。
相変わらず、乗り合わせた人たちのことも、この船のことも、未だよくわかっていません。
まだまだ先は長そうだと憂い気味になっていると、このイベントのメインキャラクターであると思われるジョナスが現れました。そして、思わぬ新情報をしれっと口にします。

主人公たちが乗り合わせたこの船はジョナスのものだったのですね。
そしてこの船の名前は「星間航行船D.Q.O.」というのですね。
「留守番」という役割が解放されたLOOP13で、主人公含むここの乗員たちは、ルゥアン星系からの避難民であることがわかっています。
そのルゥアン星系でジョナスは「できる限りの者を船内に収容するべく、指示を出した」と言います。
つまりジョナスは、ここにいる人たちをグノーシアの脅威から救ってくれた“命の恩人”になるんですね。

ジョナスに感謝する空気になったのですが、察したのか「なに、礼にはおよばんさ。誇りあるスペースマンとして当然の行いだよ」と、なんともクールな対応をしてくれます。そして「それでは諸君──快適な旅を!」と、この場を離れていってしまいました。

ジョナス、ちょっと変わっていますが、善い人ではありそうですね。

その背中を見送り、残された3人は顔を見合わせます。
ジナは「……わからない。ジョナスがどういうヒトか。何を考えているんだろう」と、どうもジョナスを信じきれていない様子。SQにいたっては「頭がアレっぽい」とまで言う始末。

2人とも、命の恩人に対して、なかなかの言い様ですね……。ちょっぴりジョナスが気の毒です。

しかもこの日の犠牲者はジョナス、というオチ付きでした。

2日目 こういうイヤなヤツいるよね系のラキオ

議論2日目です。
ドクターに名乗りを上げたセツの報告によると、同じくドクターに名乗りを上げた「オトメはグノーシアだった」とのこと。まあこれはどちらであれ、そう答えるしかないのであまり役に立つ情報ではありません。
重要なのはエンジニア報告です。
SQの報告は「夕里子は人間」、しげみちの報告は「主人公は人間」でした。
昨夜消滅したジョナスは調査されていないので、これでジョナスは、バグでもグノーシアでも、もちろんAC主義者でもないので、本物確定です。SQとしげみちが、グノーシアかバグ、ということですね。

初っ端からレムナンに疑われ、ラキオにもバカにされ、夕里子にも怪しまれています。

ちょっと雲行きが怪しいですね。これはしげみちを吊るすしかないかなぁ。(完全に悪役)

投票結果は予想通り、しげみちがコールドスリープに選ばれました。

疑ってきたレムナンとラキオは主人公に入れていませんね。
しかしククルシカと沙明に入れられています。明日の投票が危ういですね……。

3-4日目 何一つ成し遂げられず味方にやられる主人公

そして、3日目4日目と、相変わらずラキオと、さらにはコメットにも疑われたものの、可愛げステータスを上げた影響か、コールドスリープは免れました。
しかし5日目を迎えることなく……。

味方であるはずのグノーシアにやられるという結末に。
崇拝していたボスにあっさり切り捨てられて悲壮な死を遂げる悪役幹部のような役柄を、まさか主人公が演じることになろうとは。

最終結果を見てみると、バグはしげみちだったんですね。

グノーシアは、コメット、SQ、オトメでした。

オトメは初日にコールドスリープされちゃいましたし、SQも4日目にコールドスリープに選ばれてしまいました。たとえ消されなかったとしても、コメット1人ではグノーシア側の勝利は難しかったでしょうね。

さいごに

AC主義者、難しい……!
AC主義者はグノーシアが誰かわからないし、グノーシアもAC主義者が誰かわからないしで、“協力”するような形にはならないんですね。しかもグノーシアが勝ちさえすればいいというわけでもなく、自分も生き残らなければ敗北同然の扱いなのがより厳しいです。
情報のない状態で下手なことは言えませんし、初日に「名乗り出ろ」は失敗だったかもしれません。雑談かまして無意味な議論を展開するなどして、むしろ名乗り出させない方がいいのかも。
うーん、リベンジしたいです!