主にプレイ日記とレビュー、攻略情報も

【ポケモンSV】パルデア地方のグレープアカデミーに入学しました#1【プレイ日記】

2022/11/23

パルデア地方で学生生活始めます!

ポケモンシリーズ最新作『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』発売しましたね!
本作はポケモン初のオープンワールドということで、めちゃくちゃ楽しみにしていました。どこへ向かうも、何を目指すも、誰を超えるも、自分次第。自由に広大な世界を冒険できるなんて、最高じゃないですか。もう遊びたい衝動が抑えられない。ってことで、パルデア地方で学生生活、始めます!

ちなみに、自分で見つけて知ってわくわくしたいので、事前情報はほぼ入れていません。
(PVとテレビCMと公式Webサイトくらい)

バージョンは、バイオレットの方にしました。
スカーレットとバイオレットの違いは、出現する野生ポケモンと、伝説のポケモン、そして博士とアカデミー……ぐらいしか知らないのですが、ぶっちゃけそのあたりはどちらでもいいかなあと思っています。ただ、スカーレットの方は過去、バイオレットの方は未来をテーマにしているみたいなので、じゃあ未来かなとバイオレットの方を選びました。

アオハルかよ

なんと今回のポケモン、キャラクターエディットが実装されました。
初っ端から髪型髪色目の色などを自由に決められるほか、目の形や口の形なども選択できます。
これはいいですね。キャラクターエディットはいつも楽しいです。

最終的にこんな感じにしてみました。

名前はハルちゃんです。
というのも、今回のデフォルトネームは、男の子がハルトくん、女の子がアオイちゃんらしいのですが(“青春”からきていると言う噂)、「アオイ」はピカブイの主人公に付けちゃったので、“春”の方からもらうことにしました。

はじまり

いつもの「ポケットモンスター、ちぢめてポケモン」の説明ムービーから入ったかと思ったら、見せられていたのは『グレープアカデミー』のプロモーション映像だったようです。

構内や生徒たちの様子が映し出され、並ぶ講師陣に生徒たちがわっと駆け寄っていくシーンで締めくくられる構成は、本当に本物の大学のPVのようです。

PVが終わると場面が切り替わり、謎のポケモン(というかミライドン)が、雲を抜けパルデア地方の上空を駆け巡っていく映像に。

野生のポケモンたちが息づく雄大な大地を見下ろして、野を越え山を越え、灯台が見守る美しい海まで奔り抜けていくミライドン。ところが、疲れていたのか、怪我でもしていたのか、頭から海に落ちていってしまいます。そんな海を臨む島の端。オレンジ色の屋根が印象的なかわいい家に暮らす一人の若者のもとに、はじまりを告げる風が吹き抜けるのでした。

さながら映画ですね! ポケモン映画のタイトルシーンで流れるお決まりのあのBGMが脳内で再生されましたよ。ここからちょっと導入があって、バトルシーンでOPが流れるんですよね、わかります。

ここから操作可能に。

相変わらずポケモンの主人公のお部屋はかわいいですね。

下に降りていくと、この家のペットと思しきホシガリスが「むちゃあ!」と主人公をリビングまで案内してくれるのですが、このリビングで詰みかけました
とりあえずテレビを点けて、そっか今回の食べ物はサンドウィッチなんだなー楽しみだなーなんて和んでいただけなのに、テレビから離れてもカメラが返ってこない!

テレビを消しても変わらない! あれこれ初っ端から詰んだのでは? と1人で静かに焦っていたのですが、手探り(と言っていいのか)で廊下の方まで歩いていくと戻ってきました。ヒヤッとしました。

とりあえずもうテレビは点けないことにしてリビングをウロウロ。
棚の上にみがわりぬいぐるみくんが座っていますね。かわいいです。

キッチンの方へ行くとお母さんの姿が。

お母さん美人!(しかしがっつりキャラメイクしちゃったので主人公はお父さん似ですね。)

制服姿で準備万端の主人公に笑顔を向けてくれるお母さん。「今日から新しい学校」ということは、主人公は転校する形でグレープアカデミーに入学するんですね。そして今日がその登校初日みたいなのですが、どうやら学校側からもらえるはずの入学に必要な“大切なもの”がまだ届いていないみたいです。

ここで「ピンポーン」とタイミング良くチャイムの音が鳴り響きます。
迎えてみると、そこに立っていたのは、まさかのグレープアカデミーの校長・クラベル氏でした。

校長先生自らいらっしゃるとは。やや呆気に取られていると、入学案内と校内施設の資料を手渡されました。……いや確かに遅え。登校日当日に入学案内寄越されても。とはいえ学校の最高責任者がわざわざ謝罪に来てくれたのでもう何も言えませんね。

青春の相棒、きみに決めた!

いよいよもって初登校! になるのですが、その前に、まだわたしてもらっていない“大切なもの”を受け取ります。

“大切なもの”とは、もちろん最初のポケモンのこと。
ニャオハ、ホゲータ、クワッスの3匹の中から、自分の相棒となる1匹を選択します。

「じっくり選んでいいですよ」とのことで、3匹と一緒に散歩させてもらえることになりました。
お母さんから入学祝いのスマホロトムをもらって、さっそく出発。

ぴょこぴょこ一緒に歩いてくれる3匹がとってもかわいい!

しかしカメラが遠くて3匹の様子がよく見えない! というかカメラ操作の感覚が絶妙に他のゲームと違う!
なんと言えばいいのでしょう。他のゲームでも主人公の進行方向にじわじわっとカメラが向くようになっているとは思うのですが、その動きがすごく不自然です。こう、強制的にくいっと向かされている感じ、というのでしょうか。そう考えると、最近のゲームってカメラの動き一つとっても、すごく配慮されているんですね。
まあそのうち慣れるでしょう。

かわいい3匹ときれいな景色を楽しみながら、クラベル校長先生が待っている、ちょっと遠くの“お隣さん”の邸宅までやってきました。

立派なお屋敷です。主人公のお家はスカーレットカラーですが、こちらはバイオレットカラーですね。もしかしてスカーレットの場合は逆だったりするのでしょうか。

主人公が家を見上げて呆けている隙に、3匹は思い思いにお庭を楽しみ始めました。

おぉーーっと、大丈夫ですよね? 小さなポケモンのしでかしたことですし、まだ主人公のポケモンではないですし、責任取るのはクラベル校長先生ですよね? いやーそれにしても、みんなかわいいですね。

3匹を止めるべきか悩んでいると、主人公と同じくグレープアカデミーの制服を来た女子が颯爽と現れました。

健康的な肌色の、黒髪にグリーンメッシュのお嬢さん。主人公より少し年上に見えます。

よく考えたら、主人公と3匹は勝手に他人の家の敷地内に侵入してしまったのでは……?
叱られるかと思いきや、彼女と一緒にやってきたクラベル校長先生に、今日からアカデミーに転入する生徒であることを伝えてもらい、ことなきを得ました。

彼女はこのお屋敷のお嬢さんみたいです。
名前は「ネモ」。グレープアカデミーの生徒会長でチャンピオンランクのすごうでトレーナーなのだとか。

これは絶対女子にモテる女子。
生徒会長ということは3年生でしょうか(中学生?)。「チャンピオンランク」ってやつが別シリーズの「チャンピオン」的な位置付けなのかどうかわかりませんが、いずれ大きな壁として立ちはだかりそうですね。

そして、ここでついに、最初の1匹の選択となりました。もう決めてます。
ニャオハ、きみに決めた!

やはり、かわいすぎました。
かわいいは正義。にゃんこたまらん。

ご近所さん・ネモ

相棒が決まったらお次は最初のライバルバトルという名のチュートリアルバトルと相場が決まっています。

ところで今回のライバルは? さすがにすでにチャンピオン(クラス)のネモじゃないですよね?
……と、思ったのですが、どうやら彼女が今回のライバルポジションのようです。
入学時にすでに1匹もらっているにも関わらず、自分も1匹選ばせてくれと言い出します。主人公と一緒に新しい子を迎えて同じスタートラインから始めたいというネモ。校長はあっさり承諾します。

いいんでしょうか。彼女だけ2匹もらったら特別扱いやら平等うんぬんやら他の生徒の保護者から言われません?
まあネモの実力は折り紙つきですし、高め合うライバルがいた方が伸びそうですし、主人公も彼女くらい実力を付けてくれたら学校としては実績になって万々歳ってことですかね。

さりげなく選ばなかった方の主人公以外で女の子のライバルって初なのでは。

ネモが選んだのはもちろんクワッス。
今までのライバルたちとは違い、最初の1匹ではなく、もちろんタイプ相性なども熟知しているわけですから、“あえて”ってことですね。

「ポケモンも決まったことだしさっそく勝負しなくっちゃ!」とネモさん。
彼女、どうやらかなり好戦的なコみたいですね。

「ビーチで待ってるから準備できたらすぐ来てね!」と駆け出していってしまいました。

主人公もネモの後を追ってビーチへ。
最初のライバルバトル、始めましょう。カードはもちろんニャオハvsクワッスです。

最初からくさタイプわざ「このは」を覚えているニャオハ。当然勝たせてもらいました。

間違いなく手加減してくれたネモさんですが、めちゃくちゃ褒めてくれます。やさしい。

ネモさんは本当にポケモンバトルが大好きみたいです。
危うくもう一戦付き合わされるところでしたが、様子を見に来たクラベル校長が止めてくれました。

そして、ここへきてようやく、学校へ向かう流れに。
家を出てからかなり寄り道しちゃったと思うのですが、グレープアカデミーって登校時間とか決まってないんでしょうか。校長もいますし遅刻扱いにはならないと思いますが、生粋の日本人であるがゆえ、パルデア地方の自由な校風に慣れません。

……というところで、今回は終了です。

さいごに

ここまでは今までのポケモンと変わりない感じですね。
早く自由になってオープンワールドを楽しみたいです。

今回はポケモンたちと戯れる機能はあるのでしょうか。
サンドウィッチ食べるのも楽しみです! すでにとってもわくわくしています!