主にプレイ日記とレビュー、攻略情報も

【再会のミネラルタウン】見出しが踊る「エレンと“サイちゃん”雨の日の逢瀬」なんかすいません【プレイ日記】

2022/08/14

プレイ日記 #38 2年目 春の月4日〜5日

ここからはゲームのネタバレを含みます。

プレイ日記#1の記事はこちら
【牧場物語再会のミネラルタウン】カテゴリの記事一覧はこちら

主なできごと

・行商人訪問(りんご)
・りんごいれかえまくるある
・レシピ『ぜんざい』獲得
・住人イベント エレンの見舞い

ゲーセンのワンコインゲームの感覚で

2年目 春の月4日(木)晴れ

外に出ると、またしてもドアの前に人が待ち構えています。
本日の来客は、なにかと世話になっている色眼鏡のホアンさん。何用かと思ったら、りんごの訪問販売でした。

もはや全く記憶にないので記録を確認したところ、以前口止め料代わりにもらったのがSUGDW、前回の訪問販売で購入したのがAEPFEでした。ってことで今回は、HMSGBこと『ハイパー・ミラクル・スウィート・ゴージャス・ビューティフルりんご』を買うことにします。

毎回買った後にちょっと引くのやめてもらっていいですか。
町長さんのムチャぶりイベントで、このりんごのうちのどれかが必要になることがあった気がするので、とりあえず揃えておきたいだけなんですよ。騙されて買っているわけじゃないんだからねっ!勘違いしないでよねっ!

この後、動物たちの世話を済ませ、今度はこちらからホアンに会いにいきました。
例のりんごいれかえまくるあるに再再挑戦です。

これからはできる限り1日1回挑戦しようと思っています。
目押し激ムズスロットも数撃ちゃ当たる。いつか揃う時を信じて、回数こなすことにしたのです。

本日は4回成功でした。

うーん! 10回成功目指して頑張ります!

さて。
挨拶回りを済ませ、牧場に戻ってまいりました。
せっせと畑を耕していると、出荷箱を確認しに来たザクの落胆のため息とアドバイスが届きます。

すまんな、ザク。
作物も副産物もある程度ストックしておかないと気が済まない性分でね。

冷蔵庫と整理棚の中身を放出すれば結構な額になると思いますが、まだその時ではないのです。

そういえばザクは出荷業でしたね。
出荷作業をお願いしているのは当然牧場側でしょうから、翌日に牧場に支払われる「出荷額」からいくらか引いているのでしょう。出荷物の量(重さ)、もしくは出荷物の金額に応じて、報酬が変動する契約なのかもしれません。それならば肩を落とす理由も納得ですし、なんだかちょっと申し訳ないですね。

なんかすいません

2年目 春の月5日(金)雨

女神さまとハイ&ローができるのも今日までですね。
結局、『草』か『そば粉』か『おもち』しかもらえなかったなぁなんて振り返りつつバラエティー番組にチャンネルを合わせると、特別料理番組が放送されていました。

しっかり最後まで試聴して、『ぜんざい』のレシピゲットです。
材料に『おもち』と『小豆』、道具には『なべ』と『調味料』を使うようですね。

火曜日の「ちょーおいしい時間」以外の番組でもレシピを獲得できるとは。
そういえば1年目の春・夏の「ちょーおいしい時間」完全にすっとばしてるんですよね。今年は忘れないようにしなければ……。

テレビも見終わったところで、本日の牧場仕事へ。
ニワトリちゃんたちの卵を回収しているときに、いつの間にやら「マヨネーズメーカー」が設置されていることに気が付きました。(実は昨日から置かれていました。)

一見取手のついた巨大牛乳瓶に見える大変ファンキーな外観をしていますが、卵を放り込むだけであっという間に容器に入った状態のマヨネーズがするっと出てくる優れものです。
さっそく試してみましょう。

ファンタジーですねえ。
ちなみに、『いい品質の卵』を入れたので、出てきたのは『マヨネーズMサイズ』でした。

この後はタウンの方へ。
ヨーデル牧場でウシのたねを買い、ホアンの店できゃべつの種とパイナップルの種を10袋ずつ購入しました。
本日も挑戦したりんごいれかえまくるあるの結果は、チケット4枚で終了。できる気がしません。

日課の挨拶回りで、エレンさんのお家を訪ねると思わぬできごとに遭遇しました。
AM 11:10、【住人イベント エレンの見舞い】が発生。

いつもは挨拶をしてすぐ家を出るのですが、この日はエレンさんのお家で休憩させてもらっていました。「雨が強くなってきたから少し雨宿りしていったらどうかしら」みたいなことを言ってもらったのかもしれません。
そこへ、なんとサイバラさんがやってきます。

「やっ、すみませぬな。こんな雨の日に来てしまって」とサイバラさん。エレンさんは「いいのよ、気にしないで。サイちゃんが来てくれて、わたしはとっても嬉しいのだから」と微笑みます。

さ、サイちゃん??

呼ばれ方はさておき、サイバラさんは足の悪いエレンさんのお見舞いに、たびたび訪れているんでしょう。
ムギさんもよくエレンさんのお見舞いに来ていますよね。やはり歳が近いと、交流も活発なのかもれません。

わりと微笑ましく眺めていたのですが、にこにこと優しい言葉をかけるエレンさんにサイバラさんがデレデレし始め、「あれ、なんか見てはいけないものを見てしまった気がする」と気まずさを覚えます。
こりゃあグレイが見たらドン引き案件でしょうな。

エレンさんしか目に入っていないサイバラさんでしたが、ついに気配を殺していた牧場主さんに気が付いてしまいました。

あくまで冷静に、しかし一縷の望みをかけて「いつからそこにいたのだ?」と状況を確認するサイバラさん。すると、ユウが無邪気に「お姉ちゃんなら、ずっといたよ?」と致命的な一言でその望みを粉砕しました。
その言葉を聞くや否や、サイバラさんはゴホンッと咳払いして、「では、エレンさん。わたしは、これで」とそそくさと帰っていかれました。

なんかすいません。

挨拶回りは終えたので、牧場に戻ります。
せっせと畑を耕していると、またしてもザクのため息が聞こえてきました。

アドバイスのセリフ、バリエーションあるんですね。(表情も違う)

じゃがいもとかぶの種をまいて、本日はここで終了としておきます。

さいごに

エレンおばあちゃんは、スーファミの初代『牧場物語』の花嫁候補の1人なんですよね。
初代花嫁候補の孫が後続作品の嫁婿候補になるって、なんかいいなーって思います。その世界の時が連綿と続いて、今に至っているんだなと感じて。とはいえ、HMで急にパラレルワールドになったので、何が牧場物語の世界における史実(と呼ぶべき?)なのかよくわからなくなってしまいましたが。そんなこと考えるだけ野暮かもしれませんね。

ところで、当時のエレンさん、髪型とか髪色とかスカーフまいた衣装とか、GB3ボーイ・ミーツ・ガールの女の子主人公のサラと似ているように思うのですが、全くの無関係なんでしょうか?
初代もGB3もプレイしたことがなくて、性格やセリフの共通点があるのかとか全く知らなくてアレですけど、調べてみても全然情報が出てこないので、本当に単純にキャラデザが似ているだけ?
シリーズで繋がりがあると、ちょっと似ているだけで「なにか関わりが!?」と勘繰っていまいます。

そういえば初代『牧場物語』、Nintendo Switch Online で配信開始しましたね。
しかしうーん、HMリメイクしないかなぁ。
……ああ、でも、思い出は思い出のままにしておいた方がいいかもしれませんね。良いものなら特に。