よしの荘

ゲームプレイ日記 攻略情報やレビューも

【ピカブイ】今からはじめるレッツゴーイーブイ!ピカチュウ版リメイクでもポケモンGOゲーム機版でもない新しいポケモン!

2019.10.12

ゆめと ぼうけんと! ポケットモンスターの せかいへ! レッツ ゴー!

今さらながら、『ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ』はじめました。

スマホで配信された『ポケモンマスターズ』をやったら、どうにもコンシューマーのポケモンがやりたくなってしまいまして。
ポケブイ買っておきながらクリアしていなかったので、これを機にクリアしちゃおうと思います。
(最近『ポケモンGO』熱が再燃してしまったので連動も楽しみです。)

主人公は女の子にしました。名前はアオイちゃんです。
ライバルはミドリくんにしました。
(最初はブルーとグリーンにしようと思ったのですが、主人公らとは別に登場するみたいなので。)

ちなみにデフォルトネームは、男の子が「カケル」、女の子が「アユミ」、ライバルは「シン」というみたいです。

ライバルがイイヤツになりすぎな件

お部屋から出ようとするとライバルくんがやってくるのですが……、すげーイイヤツ!
一緒にポケモンもらいに行こう!と迎えに来てくれたと言うのです。

さらに、下にいるおかあさんに話を聞くと、ライバルくんがオーキド博士にポケモンをもらえるように頼んでくれたのだとおしえてくれます。

おかしいな。
グリーンは「ねえちゃんにレッドにはタウンマップ貸さないよう言っとくから来てもムダだぜ!」的なことを言ってくる典型的なライバルポジションのヤなヤツだったというのに。
ピカブイのライバルは、バイビー感ゼロのオトモダチポジションに昇華しています。

ルビー・サファイアあたりから、次第に認め合う系のライバルではなく、最初から協力し合う系の仲間になりましたね。
時代の流れを感じます。

運命の出会い! イーブイが可愛すぎて悶える

博士を探しに行くと、なぜか1番道路にイーブイが!

ここでチュートリアル的にイーブイをゲットします。
が、イーブイはモンスターボールのまま猛スピードでオーキド博士の研究所の方へ走り(転がり)去ってしまいます。

研究所に戻るとモンスターボールが増えている!

最初の3匹よろしくしれっと収まっています。
自ら手に取り、相棒を選択しましょう。

と に か く イ ー ブ イ が か わ い い

たまらんかわいい。
語彙力が失われるくらいかわいい。
もうかわいいしか言えないくらいかわいい。

はじめのうちは、イーブイは後ろをちょこちょこと付いてくるのですが、オーキド博士に“おとどけもの”を届けると、頭の上に乗っかるようになります。

スクリーンショットでは伝えきれない……!
ぜひ実際にプレイしてイーブイの可愛さを堪能してください……!

ちなみにライバルくんはピカチュウを受け取ったようです。
ピカチュウバージョンのライバル側になった気分ですね。

野生のポケモンとは戦わない!? ポケGO式ゲット!

ピカブイは、草むらをガサガサ歩いていると突然野生のポケモンが飛び出してくる従来のポケモンとは異なります。
その辺にいるポケモンにぶつかるとゲット画面に移るエンカウント式になります。

さらに、戦いません
ポケモンを捕まえるときは、ダメージを与えて弱らせてからモンスターボールを投げる、が常識だったのですが、ピカブイは違います。
ポケモンGOのように、いきなりボールをぶん投げるのです。

ポケモンを捕まえると、手持ちのポケモンたちに経験値が入る仕組みです。
(逃げられたことがないので不明ですが、もしかしたら捕まえられなくても経験値は入るかもしれません。)

ボールがなくなったらどうなるんだろう……という疑問は当然浮かびますが、どうやらタダでボールをくれる人がいるみたいですね。

トレーナー同士のポケモンバトルはある!

野生のポケモンとのバトルはなくなっていますが、トレーナー同士のポケモンバトルはもちろんあります。

最初のライバルバトルはオーキド博士に“おとどけもの”を届けた直後!
急にライバル感を演出してきます。

こっちはすでに何匹かポケモンを捕まえていますが、相手はLv6に上がっているもののピカチュウ1匹です。

3Dのポケモンバトル!
ポケモンコロシアムやポケモンスタジアムの頃からさらに進化しましたね。
ポケコロリメイクしないかな。

イーブイとあそぶ! ポケパルレ(ポケリフレ)的ふれあい機能も!

XYのポケパルレやSMのポケリフレのような癒し機能もあります。
可愛いイーブイと心ゆくまでふれあえます。

なんだこれかわいい。
かわいい以外の言葉が見つからないくらいかわいい。
もうだめだかわいい。

ムサシとコジロウ!? ピカチュウバージョンを彷彿とさせる……

この後ろ姿は間違いなく、アニメでお馴染みのロケット団・ムサシとコジロウ!

そういえばピカチュウバージョンにも登場していましたね。
アニメの流れを意識したストーリーで、ゼニガメ・ヒトカゲ・フシギダネも譲り受けた記憶があります。

しかしこのニャース、しゃべってくれません。
(ピカチュウバージョンのニャースもしゃべらなかったんでしたっけ。)

さいごに

とにかくイーブイが可愛い!
そしてピカチュウバージョンをやったことがある人は懐かしいと思うこと間違いなしです。
野生のポケモンとのバトルがなかったり、ライバルがグリーンじゃなかったりと、昔と違うところもありますが、これはこれでアリなのではないでしょうか。
BGMも思い出の曲が今風にアレンジされていて最高です。

アニメを見ていたり、歴代のポケモンをやっていたりすると「お!」と思うところがあります。
ちょっとした遊び心もコンシューマーのポケモンならではな感じがしますね。

しっかりクリア目指して頑張ります!