主にゲームプレイ日記 攻略情報とレビューも

【マイクラダンジョン】ハクスラになったマイクラが楽しすぎてやめられない【レビュー】

2020/06/10

マイクラダンジョンはじめました

あのマインクラフトが、ハクスラ系のアクションアドベンチャーゲームになりました!
その名も『Minecraft Dungeons (マインクラフトダンジョンズ)』。

発売日は2020年5月26日。
Nintendo SwitchやPS4、XBOX、PC(Windows)で遊ぶことができます。
パッケージ版の販売はなく、ダウンロード版のみみたいです。

マイクラダンジョン、買うかどうか悩みました。
それというのも、本家マインクラフトは大好きなのですが、モンスター退治よりも採掘や整地のような淡々とした作業の方が好きなので、自分には合わないかもなぁと思っていたのです。

ところが、実際やってみると、これが超楽しくてやめられない

ザクザク敵をやっつけられてすごく爽快!
絶妙なガチャ要素が、ソシャゲ慣れしたアプリゲーマーの心に刺さりまくる!

この楽しさを伝えたくてたまらなくなってしまったので、ご紹介させていただこうと思います。

マイクラダンジョンってどんなゲーム?

ハクスラゲー

マイクラダンジョンは、あらゆるものがブロックで構成された『マインクラフト』の世界を舞台とした、「アクションアドベンチャー」な「ハック&スラッシュ」ゲームです。
マイクラといえば「クラフト」や「建築」ですが、マイクラダンジョンにはそれらの要素はありません。
純粋なハック&スラッシュゲームとなっています。

ハック&スラッシュ、略してハクスラは、ひたすら敵を倒しまくるゲームです。
たっくさんの襲い来る敵を倒しまくり、ドロップやら報酬やらで入手したものを使って強化し、そしてまた敵を倒しまくる……を繰り返します。

単調なようですが、敵をバッサバッサ倒していく爽快感と、欲しかった装備を入手した時の喜びときたら、たまらん気持ちいいのです。

ゲームの流れ

マイクラダンジョンは、いわゆるモンハンスタイル。
拠点となるキャンプで装備を整え、マップからミッションを選択し、ミッションの舞台となるダンジョンを突き進んでゴールに到達すると、ミッションクリアとなり、再び拠点に戻ってきます。

ダンジョンは、入るたびに地形が変わり、出てくる敵や仕掛け、宝箱の数や配置も毎回異なります。

マイクラダンジョンにおける“装備”

マイクラダンジョンでプレイヤーキャラクターが装備できるものには、大きく分けて4種類あります。
「近接武器」「遠距離武器」「防具」、そして「アーティファクト」です。

「アーティファクト」は、特殊な効果を発動させることができる装備品です。
例えば、敵からの飛び道具攻撃を防ぐシールドを一定時間出現させる「盾のトーテム」や、極太のビームを発射して敵を蹴散らす「壊れたビーコン」、前転宙返りしつつ周囲の敵をスタンさせる「輝く羽根」などなど、様々な種類があります。

これらの装備品は、敵を倒した時にドロップするほか、ミッションクリア後の報酬や、ダンジョン内の各所にある宝箱からも入手できます。
さらに、拠点となるキャンプに常駐してくれる「鍛冶屋」と「行商人」から購入することもできます。

この装備の種類が豊富で、それぞれ見た目も効果も異なる上、パワーレア度エンチャントの要素まであるものですから、自分の戦闘スタイルに合った“お気に入り”を厳選するのが大変なんです。(でもそれが楽しい。)
ポケモンの性格と個性と特性と性別を厳選してしまうときのような中毒性があります。

装備の「パワー」と「レア度」と「エンチャント」

装備品には、それぞれ「パワー」と呼ばれるステータス値があり、「レア度」が存在します。
さらに、近接武器・遠距離武器・防具には、「エンチャント」して特殊な能力を付加することができます。

パワー

「パワー」はその装備品の純粋な“強さ”を表す値です。
武器ならば敵に与えるダメージ量が増加し、防具ならばHPの増加量が大きくなります。
アーティファクトの場合は、それぞれ効果が異なるため、持続時間が長くなったり、回復量が増えたりと、装備品によって変わってきます。

レア度

装備品には「レア度」が存在します。
レア度は全部で3種類。「コモン」「レア」「ユニーク」があります。

プレイしている感じでは、コモンとレアの差はほとんどありません。
レアの装備品であっても、パワーが高いコモンの装備品の方が強いです。
もしかしたらエンチャント枠が多くなる確率が高い、などあるかもしれませんが、体感ではほとんど変わりません。
コモンかレアか、よりもパワーの値の方が重要です。

ただし、「ユニーク」になると、ちょっと話が変わってきます。
“ユニーク”なだけあって、固有の名称とグラフィックがあり、特殊な効果が付加されています。

これは、後述する「エンチャント」が、最初からノーコストで付いているようなものなのです。

ちなみに、ユニークがあるのは「近接武器」「遠距離武器」「防具」だけで、「アーティファクト」にはコモンとレアしかありません。

エンチャント

武器と防具は「エンチャント」することができます。
エンチャントすると、装備に特殊な効果を付与することができます。
本家マイクラの方にもあるので、やったことのある人は想像しやすいかもしれません。

1つの装備品に付けることのできるエンチャントは最大3つ。
自由に好きなものを付けられるわけではなく、装備品が持つエンチャントの中から選択する形になります。
また、装備品によってはエンチャント枠が1つだけだったり、2つしかない場合もあるので、必ずしも3つ付けられるとは限りません。
エンチャントは枠ごとに選択することができます。

装備品が持っているエンチャントは完全にランダムなので、「せっかくユニークの装備が出たのにエンチャントがイマイチ……」なんてことも。

装備品ガチャの沼

このマイクラダンジョンには、「ガチャ」のような要素が存在します。

拠点であるキャンプ設営地には、「鍛冶屋」と「行商人」が常駐しており、鍛冶屋からは武器と防具を、行商人からはアーティファクトを購入することができます。
ところが、“購入”と言っても、好きなものを選んで買うことができるわけではないのです。

これが完全ランダム──いわゆるガチャなのです。

当然ユニークの装備品も出ますし、進行度によってはまだ行けないダンジョンでドロップする装備品も入手できちゃいます。
前述したとおり、武器と防具にはパワーとレア度の他にエンチャントの組み合わせもあるので、自分の理想とする装備品に巡り合うために、ガチャガチャしまくってしまうんです。

ちなみに、装備品のパワーは、プレイヤーキャラクターの現在のパワーと同程度のものが出るようになっているので、極端に弱かったり、逆に強すぎるものがもらえるようなことはありません。

マルチプレイに対応

マイクラダンジョンは、複数人でのマルチプレイに対応しています。
一人でコツコツやるのももちろん楽しいですが、みんなでワイワイやるのも最高に楽しいです。

現在はクロスプラットフォームでのマルチプレイはできないのですが、公式が「今後アップデートで対応する予定だ」と発表しているので、いずれ別のプラットフォーム同士でも遊べるようになると思われます。

全体的な感想

マイクラの世界観に抵抗がなく、攻撃ボタン連打でゴリ押しできる系アクションゲームが好きな方には、ぜひともオススメしたい!
ハクスラとしてはすごくシンプルでわかりやすいので、ハクスラ初心者にもオススメです。

アクションは単純ですが、装備の種類の豊富さや、エンチャント、アーティファクトのおかげで、戦い方に幅があります。
攻撃範囲の広い近接武器でばっさばっさ敵を薙ぎ倒していく人もいれば、エンチャント盛り盛りの遠距離武器とアーティファクトで敵を一切寄せ付けずに吹っ飛ばしまくる人、さらにはソウルイーターになる人も。
プレイする人によって、戦い方に個性が出てくるのも面白いところです。

プレイしていて気になるところとしては……、
購入したのがSwitch版だから、ということもあるかとは思うのですが、動作が重いです。
特にマルチプレイをしていると、敵モブが多く出現するせいか、すごくカクつきます。

そしてバグが多いです。
敵が地面の中に埋まった状態で沸いてしまって倒すことができなかったり、開くはずの扉が開かず進むことも戻ることもできずに詰んでしまったり、ミッションが始まるや否や地面をすり抜け下に落ちてしまって死んでしまったり……。
アップデートでそのうち直ると、信じたいですね。

それから、ちょっとボリュームが少なめでしょうか。
価格は通常版が2640円(税込)とリーズナブルですし、無料アップデートやDLCによる追加があるので文句は言えませんが、贅沢を言わせてもらうと、もっとステージがほしいです。

こんなところでしょうか。
いろいろ書きましたが、マイクラダンジョン、すごく楽しいです!

さいごに

購入を迷っていたゆえ、通常版を買ったのですが、まさかこんなにドハマりするとは。
DLCダンジョン第一弾の配信は7月ですが、DLC&特典付きのヒーローパス買っちゃおうと思っています。

(20200622追記)
ヒーローパス買っちゃいました。
装備欄に「装飾」が追加され、選べるスキンも増えます。

ペットの動物たち、戦闘には全く参加してくれないのですが、ずっと一緒についてきてくれて、めちゃくちゃ可愛いです。
北極ギツネくんがお気に入りです。

7月のアップデートでジャングルのステージが追加されるみたいなので、今から楽しみです。